記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MCAサントネール新情報

と題したものの驚くべきことなのかどうなのかわからないところなのが辛い‥‥。

とあるフランスのスーパーカーショップのHPに興味深いことが。


これまでも見てきた写真、この個体が「最初に制作された個体」とのこと。本当でしょうか?
その謎を解き明かすかもしれない手がかりが見つかりました。どうも最初からランボルギーニにコンタクトを取り、製作もサンタアガタで行われていたとのこと‥‥。


撮影場所は「ランボルギーニのファクトリー」とされる写真。驚くべきことに1号機と2号機はランボルギーニのファクトリーで作られ、シャシーナンバーも#EL00〇とついていたらしい。因みにELはEsperimentale Lamborghini(恐らく伊語でランボルギーニ・実験作)の意。



そして驚きなのがこの2台が同じ「#EL-002」とフランスのカーショップは認定しており、2015年からオリジナルに戻す作業を行っているとのこと。完成がたのしみである。


続いてGTB関連の情報であるが、92年にRoad&Track誌がGTBのテストを行っていた模様。恐らくロサンゼルス?モーターショウからの流れかと思われるがインプレッションなど未確認。いずれ手に入れたいところである。


またカーグラフィック誌がこれまた92年にMCA-GTBをインプレッションしている。それによるとエンジンは720hpを発揮するモトーリモデルニ製V12であり、車重は1tを切るという。残念ながらエンジンのセッティングがうまく行かず走らせることは出来なかったようだが、少し動かすだけでも「オーラがあるマシン」であったようだ。
また同誌によるとサントネールは5台製造され、GTBは取材時で2台完成していたようだ。さらにボー・リヴァージュはモトーリモデルニV12を積んでいるがノンターボであり400hpほどに抑えられていたようだ。こちらは実際に読んだものの入手は出来ていない。こちらも近いうちに入手する予定だ。


93年にアンリ・ペスカローロがMIG-M100(かと思われる)をポール・リカールにてテストしていた模様。



ルマン前かヴァレルンガ前かは不明。恐らく前者だと思われるが‥‥。

おまけ・新たに発掘した写真の数々










「グルジアより愛を込めて。」もちろん元ネタは007。




テスト風景。バラビオはCARTのスーツを着用しているようだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆーん

Author:ゆーん
東側諸国モータースポーツとサイエントロジー×モタスポとユーン様を調べているヤツ。ミニカー集めとかレースゲームもたまにします。 Twitter→@Kumaryoong

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。